<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今日は胡桃&レーズンのパウンド菓子教室でした

a0270699_21513881.jpga0270699_21512569.jpga0270699_21494287.jpg
今日は午後3時から、ラム酒を効かせた胡桃&レーズンのパウンド菓子教室を開催しました。


a0270699_21511343.jpg
焼き上がったパウンドケーキとシチリア島の郷土菓子カンノーロでカフェタイム。
次回はリコッタチーズを使ったこちらのカンノーロを作ります。

教室のご案内はこちらをご覧下さい → トラットリア アル ラグーの教室

リクエストにもお応えしています。お気軽にお問い合わせ下さい。
当店のホームページはこちらをご覧下さい → トラットリア アル ラグー
夜のお食事は3日前までにご予約願います。





















[PR]
by fukusumumati | 2017-02-22 22:07 | アル ラグー

トリノのチャバッタ

a0270699_1114985.jpg

イタリア北部・トリノの青空市場ポルタ・パラッツォ
今回の旅では天候に恵まれ、気持ちの良い晴天の朝トリノの青空市場へ向かいました。

a0270699_1113048.jpga0270699_1112182.jpga0270699_1111171.jpg
イタリア料理人にとっては羨ましい限りの市場だと思います。食材のお話しはシェフに任せて。。。
とても規模の大きな市場で、生鮮食品から衣類まで様々な露店が並んでいますが、私が眼を留めるのはやはりパン屋。
山積みにされている沢山の種類のパンをワクワク吟味しながら歩きました。
美味しそうなパンが並んでいますが、如何せん旅人。どのパンも大きく、色々な種類のを食べてみたくてもそんなには食せません。一つだけ選びます。


a0270699_1884616.jpga0270699_1885563.jpg

鼻を利かせてこれは絶対に美味しい!と思ったのが、写真のCiabattaチャバッタ。
市場内で見つけた卵専門店の新鮮な卵と、チーズ専門店のゴルゴンゾーラ・アル・クッキァイオ(スプーンで食べるゴルゴンゾーラ)、真っ赤なブラッドオレンジも購入してトリノのアパートで朝食にしました。
半熟目玉焼きとトロリとした美味しいトコどりのゴルゴンゾーラチーズを、軽く焼いたチャバッタといただき贅沢な朝食となりました。



a0270699_172967.jpg

Ciabatta チャバッタ
イタリア北部生まれ、スリッパの意味を持ちます。
イタリアではビガと言う発酵種やビール酵母を用いた方法でパンを焼成します。
帰国後に試行錯誤し焼成したのが、写真上のチャバッタです。
お食事の際に提供していますし、持ち帰りも可能です。
どうぞお気軽にお立ち寄り下さい。

当店のホームページはこちら → トラットリア アル ラグー





















[PR]
by fukusumumati | 2017-02-18 00:02 | アル ラグー

Mi hanno rubato il mio cellulare!

a0270699_12422076.jpga0270699_12424360.jpg

去年約8年ぶりに訪ねて行ったナポリのパスティッチェリア工房。
今年もお世話になり、写真はナポリドルチェ・ババ。
イーストを使用しての発酵生地で作ります。

去年の再会では、とても温かく迎えて下さり
あまりの嬉しさに涙が出そうになりました。

a0270699_12425895.jpgパスティッチェリアのあるモンテサント駅。
多分、観光では近づかない場所です。
8年前、フィレンツェ在住マンマに「なんでわざわざモンテサントに!?」と驚かれた場所。
当時、私達はそこがどんな所なのか知りませんでしたから。。。

確かにその雰囲気にギョッとして私は怖くもあったのですが、
ここで色々な体験をし、とても人情味溢れる土地柄だと知りました。

ノーヘルの子供たちが2人乗りバイクで走っている様子が写っていますが、
ノーヘル3人乗りも時々見かけ、何度か撮影にトライしましたが、あまりの速さに断念。



a0270699_12451355.jpg
こちら、ナポリ中央駅前のガルバリディ広場。
タイトルの「Mi hanno rubato il mio cellulare!」
「私は携帯電話を盗まれました!」はい、ここで。去年の1月の話です。
駅から宿泊所までの5分程度の間に。
この写真では伝わらないのが残念ですが、露天商がギュウギュウに並んでいます。
人もギュウギュウに歩いている中をナポリ再訪の嬉しさに油断していました。

今年、ブルゾンのポケットに入れた携帯電話を握りしめて歩いたのは言うまでもありません。



a0270699_12452620.jpg

ナポリのカオスな夜。
ゴミが溢れています。
知り合ったナポリ在住女性が「ナポリはカオスよ。」と言っていました。

a0270699_12453733.jpga0270699_1245449.jpg
写真に撮ると芸術的に見える落書き。
至る所で見られます。



ツアーバスから降りないで下さい、と添乗員から言われ
ナポリはバスの車窓から眺めていたただけ、と聞いたことがあります。
勿体な~い!
緊張感は常に持っていないといけませんが、カフェもドルチェもとびきり美味しいナポリなのに!



シェフのブログ → バリスタは只今シエスタ イタリアの旅やカフェ..etc..綴っています。
当店のホームページ → トラットリア アル ラグー 郷土色豊かなイタリア家庭料理は勿論、ナポリ・KIMBO社のコーヒー豆で熱い情熱を持ってシェフが淹れるエスプレッソもお楽しみ下さい。
















[PR]
by fukusumumati | 2017-02-10 00:37 | アル ラグー

ナポリのグラッファ

a0270699_19444187.jpga0270699_19444959.jpg


ナポリの揚げドーナツ、グラッファ





a0270699_19442229.jpga0270699_1944538.jpga0270699_19434779.jpg

こちらの写真は、ナポリの海岸メルジェリーナにあるパスティッチェリア・チーロの
グラッファと、併設されているバールのカフェ。
揚げ立てを頬張ることが出来ました。



a0270699_19432986.jpg

こちらは、スパッカナポリのフリッテリーアのグラッファ。


滞在中、バールやパスティッチェリアやフリッテリーアでそれぞれのグラッファを頂きましたが、
この二店舗のもの、どちらも美味しかった。
やっぱり店内で生地から作られているグラッファは美味しい。


カーニバルの時期に作られていたものですが、現在では一年中食べることが出来ます。



帰国後、早速作くっております。
店内でお召し上がりも持ち帰りも可能です。
午後12時~18時 カフェタイム・・・お気軽にお立ち寄り下さい。






















[PR]
by fukusumumati | 2017-02-08 00:50 | アル ラグー